<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スターウォーズ フォースの覚醒
JUGEMテーマ:映画

ヒマなお正月に映画鑑賞。
劇場ではエンターテイメントしか求めないので、、
なんと映画カテゴリーの幼稚なこと

さて、スターウォーズ第1作を初めて見た時の感動は忘れない。
あのスピード感!ストーリーの展開の速さ!
あの頃はたぶんファミコンもなかったんじゃないでしょか?
すごかったですね〜 (年バレバレ)

その感動再び。
お〜〜ハンソロ、チューバッカ!
ミレニアム・ファルコン号!
そして貫禄あるレイア姫


そして、、おおお!ルーク!


 
* 23:28 * comments(0) * trackbacks(0) *
攻殻機動隊 新劇場版
JUGEMテーマ:映画


結局、アライズも1話しか観てないし
TV番組も見逃してしまったのだが
Youtubeで若干勉強してから行ってきました。
お土産いただきました。

よいです。★★★★
見逃したところも何とかして観てみたい。
我が家では、攻殻・・の主人公はタチコマよ。となっているのだが
今回もロジコマがかわいかった。

押井監督の「パトレイバー 首都決戦」実写版も観ました。
あとでこっそり書いておこう。
 
* 23:09 * comments(2) * trackbacks(0) *
攻殻機動隊ARISE
JUGEMテーマ:日記・一般

攻殻ファンとしては、とりあえず押さえておきたい。。
公安9課ができる前のエピソード。
今回は上映時間59分と短く、TVシリーズの延長です。
声優陣はほとんど変わってしまった。


この後3作続くらしい。次回は11月30日。
近くの映画館では上映しておらず、池袋まで遠征しました。
新浜日報と小冊子頂きました。(^^)
 
* 22:14 * comments(4) * trackbacks(0) *
「感染列島」を観る
もう涙ボロボロ…ポロリ
名作です。
「明日地球がなくなるとも、私はリンゴの木を植える。。」

この映画を見て高き志を持つ医療関係者が増えることを願いつつ。。

ところで海堂尊の面白さは京極夏彦作品にも似て、
読み始めると止まらない。
映画やドラマは別物になるということは置いておいても
「ジェネラルルージュの凱旋」どんな映画になるか…楽しみ。
* 23:44 * comments(3) * trackbacks(0) *
20世紀少年
お盆休みに全24巻レンタル読破。
ふ〜〜ん、後半のストリーが。。

さっそく観にいきましたよ。
堤さんが漫画の世界の完全コピーを目指しただけあって
漫画の世界そのまま。
配役もぴったりというかんじ。
第2部が待たれる。
* 23:46 * comments(3) * trackbacks(0) *
崖の上のポニョ ・・・
観にいくつもりはなかったのだが・・・
ヒマじんに付き合わされた。。

見終わっての感想・・・・
やっぱり来なきゃよかった。[:ふぅ〜ん:]
TV放映待ちで十分です。

ところで最近、職場のストレスで血圧が高くなってしまった。上向きちっ
いろいろ考えないようにしているのだが…ついつい考えて爆発している。
あーーー!アホクサ!
* 23:34 * comments(0) * trackbacks(0) *
「魍魎の匣」DVD
いやいや、、、
「姑獲鳥の夏」の時も おや?おや?おや? [:ふぅ〜ん:]
と思ったんだけど、
今回も おや?おや?おや? [:ふぅ〜ん:]
だってロケ地が中国なのですよ。
どこをとっても中国じゃ〜〜ん。
それに京極堂が妙におちゃらけている。
脚本はいいと思ったんですが。。ね。
* 21:31 * comments(2) * trackbacks(0) *
UDON
最近、やたらと「UDON」の番宣が目に付き、讃岐うどんが食べたくなったラーメン(単純)
饂飩「四国」にいってみた。


これは「生醤油焼き茄子」
生醤油、スダチをかけて食べるのだが・・・イマイチ
鰹節が歯に挟まって悲しい。。[:がく〜:]


全然話は違うが
「蟲師」が大友克洋監督、ギンコ役オダギリジョーで実写化だそうだ。
goo映画
どんな感じに仕上がるんだろう。。
だたのオカルト??


* 17:56 * comments(2) * trackbacks(1) *
日本沈没
以前の作品(1973年)では「日本沈没」世代といわれる多くの地震学者が生まれたという。
今回のリメイクも期待をして観に行ったのだが。。

終わってみれば恐怖心をあおるだけのパニック映画?
日本沈没まで後1年もない、というところから時間の流れというのが全くわからない。
「うそだろ!」と突っ込みたくなる場面多し。(噴煙の向きは西でいいのか?)
それに、やはりCGじゃ臨場感がないです。
(臨場感ある地震の場面というのは、現実的すぎて撮れなかったのかも知れないが・・・)
確かに役者はいい演技してましたよ。
でも、防災に役立つこともないし、今回の映画じゃ地震学者になろうという人はいないかもしれない。

で、見逃していた前作(1973年)をレンタルしてみた。
テンポののろさが時代を感じるが、丁寧に作ってある作品。監督田中友幸。
竹内教授の地震メカニズムの講義。
逃げまどう人々、倒壊する木造家屋。。う〜ん、、イイ。。
地球物理学者・田所教授(小林桂樹)の何かに憑かれているかのような演技が一段と光る。
小松左京は本来、日本人が放浪の民族になったらどうなるかをテーマしていたらしい。
日本沈没はその舞台設定、中にでてくる「日本民族の将来」がメインだったという。。。
ふ〜ん。。面白そう。。

流浪の民族、でふと思いついたのが「DAY AFTER TOMORROW」
あれもアメリカ北部が沈んでメキシコに移住するんですよね。類似性
* 23:07 * comments(2) * trackbacks(0) *
ダ・ヴィンチ・コード
ダ・ヴィンチ・コード観に行きました。

なかなかよくできた作品でした。
本で読んだときは謎解きミステリーの感じが強かったのですが、、実際にルーブル美術館や荘厳な教会、薔薇の紋章等々の映像はすばらしく説得力があり、宗教についても考えさせられる作品になっていました。
お薦めです。
やっぱり、ヨーロッパいきたい〜ラブラブ



我が家の
マグダラのマリア様。
20世紀になって「(マグダラの)マリアの福音書」が発見されているという。



聖母マリアの象徴、ユリ。

トライアンフェータ
鉄砲百合とあったのですが、ゆうに1mは超えています。

W杯で日本代表が勝てなかったのも、精神的にも弱かったからだと思う。
サッカーエリートとして育った彼らにハングリーさを求めるのは無理なのかも知れないが・・・
その点、宗教は強いですよ〜
無宗教の日本、どうする!
ええい!海外に武者修行じゃ!
* 23:23 * comments(5) * trackbacks(5) *
| 1/2PAGES | >>