<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 暑い。。 | main | SABAH TEA >>
日本沈没
以前の作品(1973年)では「日本沈没」世代といわれる多くの地震学者が生まれたという。
今回のリメイクも期待をして観に行ったのだが。。

終わってみれば恐怖心をあおるだけのパニック映画?
日本沈没まで後1年もない、というところから時間の流れというのが全くわからない。
「うそだろ!」と突っ込みたくなる場面多し。(噴煙の向きは西でいいのか?)
それに、やはりCGじゃ臨場感がないです。
(臨場感ある地震の場面というのは、現実的すぎて撮れなかったのかも知れないが・・・)
確かに役者はいい演技してましたよ。
でも、防災に役立つこともないし、今回の映画じゃ地震学者になろうという人はいないかもしれない。

で、見逃していた前作(1973年)をレンタルしてみた。
テンポののろさが時代を感じるが、丁寧に作ってある作品。監督田中友幸。
竹内教授の地震メカニズムの講義。
逃げまどう人々、倒壊する木造家屋。。う〜ん、、イイ。。
地球物理学者・田所教授(小林桂樹)の何かに憑かれているかのような演技が一段と光る。
小松左京は本来、日本人が放浪の民族になったらどうなるかをテーマしていたらしい。
日本沈没はその舞台設定、中にでてくる「日本民族の将来」がメインだったという。。。
ふ〜ん。。面白そう。。

流浪の民族、でふと思いついたのが「DAY AFTER TOMORROW」
あれもアメリカ北部が沈んでメキシコに移住するんですよね。類似性
* 23:07 * comments(2) * trackbacks(0) *
スポンサーサイト
* 23:07 * - * - *
 コメント
σ(^_^)が一番最初に映画館で見た映画だと思います…。
友達といっしょに見に行った最初の映画は「イルカの日」…期待して見に行ったのにガックシの映画でしたが、同時上映が全然期待してなかったのに面白かったので救われました。
もう1本は「小さな恋のメロディ」…。
** とが * 2006/08/12 1:31 AM *
へぇ〜〜!
とがさんが最初に映画館で観た映画だったんですか。。
結構ヘビーですよね。(^^;
私は”日本が沈没するわけない!”と観に行かなかったような・・・
地震学者になった人の見方と、樋口監督の見方はきっと違ったんですね。

「メロディフェア」あの歌、流行りましたよね〜
あれ?友だちってもしかしてGFかな?(^弌
** ろぶ * 2006/08/12 11:24 PM *
 コメントする









 この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
 トラックバック